はんこ広場  麻布十番店

書体について

 
 

印相体(吉相体)

開運書体!印相体
 
印相体は、篆書体から進化させた書体で八方篆書体(はっぽうてんしょたい)とも呼ばれ字が八方に広がっているようなカタチから「八方広がり=開運印相」として用いられております。
縁起が良いかどうか運が向いてくるかどうか、は、やはりあなたの努力次第でしょう(笑)。
 



篆書体

秦の始皇帝が中国を統一したのが紀元前221年、日本では弥生時代。この始皇帝が国家の統一書体として正式に採用したのが、今で言う「小篆 (しょうてん)」です。小篆の元となったものに「大篆(だいてん)」があり、ほかにも地域・年代ごとに字体は様々だったようです。篆書体は必ずしも一つの 字形が決まっているわけではなく、この小篆を中心に当時使われていた書体が用いられています。
 
中国統一の印(しるし)として統一された初の公式文字。
 
篆書体はその典麗な字形のために、筆記のわずらわしさが敬遠されて実用書体としては程なく次代の「隷書体(れいしょたい)」にとって変わられたそうですが、公式文書の印(しるし)としての実印、印鑑の書体として2200年経った今でも生活のなかに生き続けています。
 



隷書体

印鑑の古印体の元になっているのは奈良時代の寺社印です。
 
当時の寺社印は鋳物で、鋳造してから凸凹な印面を平らに整えた(削った)ために文字の太さは不均一となり、線は波打ってしまっていたようです。
 
この大和古印の印影をモチーフに、やや厚みのある丸い隷書体風が現代の古印体です。
 



古印体

印鑑の古印体の元になっているのは奈良時代の寺社印です。
 
当時の寺社印は鋳物で、鋳造してから凸凹な印面を平らに整えた(削った)ために文字の太さは不均一となり、線は波打ってしまっていたようです。
 
この大和古印の印影をモチーフに、やや厚みのある丸い隷書体風が現代の古印体です。



行書体

楷書の繁雑を解消し、草書の難解さをなくす為に生まれた中庸的な書体。
製紙の発達で急速に広まった。



楷書体

隷書をさらに書写にあうように改変する中で草書が生まれ、その対置である正書として楷書が生まれた。


 
 

ページトップ

Copyright© 2004 Hankohiroba Toyodo Co.,Ltd. All right reserved.